chia's note

備忘録。大切な想いや事柄を忘れないように



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
莇活掘 :: 2009/03/18(Wed)

 


どうぞ読んでみてください…


 


足跡(Footprints)』 (作者不明)


ある夜、私は夢を見た


私は、神様とともに砂浜を歩いていた


振り返ると、砂浜には二人分の足跡が残っていた


一つは私のもので、一つは神様のものだった


これは、これまでの私の人生の足跡であった


足跡を見ていると、私の人生の様々な場面が、走馬灯のように思い出された


よく見ると、これまでの私の人生の中で、足跡が一人分しかないときが、何度もあ


ることに気づいた


それは、私が辛く悲しい思いをしていた時期ばかりだった


ああ、あの時は、信頼していた友だちに裏切られた時だ


ああ、あの時は、失恋して落胆していた時だ


ああ、あの時は、事業で失敗した時だ


私は神様に尋ねた


「神様、あなたはずっといっしょにいてくれるものと思っていました。しかし、私


がもっとも辛かった時期には、一人分の足跡しか残っていません。あなたを最も必


要としていた時に、どうして私をお見捨てになられたのですか?」


すると、神様は答えておっしゃった


「いとしい大切な我が子よ。私は、愛するお前を、決して見捨てたりしない。お前


をひとりぼっちにはしない。一人分しかない足跡は、お前の足跡ではないよ。その


足跡は、私の足跡なのだよ。悲しみに打ちひしがれるお前を背負って歩いた私の足


跡なのだよ」


 


スポンサーサイト


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<PERFECT | top | ケーキコース>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chiasnote.blog133.fc2.com/tb.php/345-2854a892
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。